一般企業で働く産業保健師

一般企業で働く産業保健師

産業保健師とは

保健師の勤務先を大きく分けると、行政機関・学校・企業の3つに分けられます。この中の企業に勤める保健師のことを、産業保健師と呼びます。大手企業の健康組合や、企業の医務室・健康管理室などに産業保健師はいます。

 

産業保健師の仕事は、医師らとともに従業員の健康を管理することです。労働安全衛生法によると、常時50人以上の従業員がいる企業は産業医を専任するという規定があります。保健師や看護師を専任するという規定は特にないのですが、規模が大きい企業では保健師・看護師を配置している割合が多いそうです。

 

しかし、従業員の数が300人以下の企業では保健師・看護師をあまり配置していないというのが現状のようです。これは、大手の企業でなければ産業保健師の募集を行っていないということにもつながります。それだけ、産業保健師の求人を見つけることは難しいことなのです。
また、産業保健師として働く場合、従業員と同じ待遇で働くことになりますので、日勤のみの勤務で土日祝休み、給料も高収入だと言われています。そのため、人気が高い職場なのです。こういったことも、なかなか求人が見つからない理由のひとつであると言えるでしょう。

産業保健師になるには

産業保健師として企業で働きたいという保健師が増えているそうですが、産業保健師として働くためには保健師の資格さえあればほかの資格は特に必要ありません。しかし、ほかの職場と比べると企業で働きたいという希望者が多いため、求人を見つけるのが難しいというのが現状のようです。

 

大手企業であれば産業保健師を配置していることが多いのですが、中小企業のほとんどは医務室を設置していない事が多いため産業保健師も配置していません。そのため、求人の数が少ないのです。また、一つの企業で募集する保健師の数も1〜2名ほどなので、人数も限られれています。さらに、企業では従業員と同じ待遇で働けるので、給与や休日の条件が良いことも人気が高い理由となっています。

 

産業保健師として働きたいという方は、保健師専門の求人サイトを利用するなどして情報を集めなければ、求人を見つけることは難しいでしょう。求人サイトでは豊富な求人数を扱っていますし、専任のコンサルタントに求人探しのサポートをしてもらうことも可能なので、利用をおすすめします。